ダメージヘアを改善したい!きれいな髪への憧れ

街を歩いていると、うっとりするほど美しい髪の女性を見かけることがあります。
それに比べて自分のダメージヘアは、なんて落ち込んだりした経験のある人は少なくないはず。
私もそんな、美髪に憧れる女性の一人です。
私がこのサイトを作ったのは、日常生活の中で気づかないうちに行っているヘアダメージを理解するとともに軽減し、少しずつでも美髪になるための方法や対策を多くの人と共有したかったから。

 

ダメージヘアの原因を把握することがまず第一歩

 

ヘアダメージを改善するためには、まず原因を把握し、原因ごと取り除く工夫や努力が必要でしょう。
髪を傷ませてしまう原因には、紫外線や摩擦、乾燥などがあります。普段シャンプーとコンディショナーで済ませている私も、パサパサに乾燥したダメージヘアなのですが、乾燥して髪が傷むのではなく、ダメージが髪を乾燥させてしまいます。
このサイトでは、ダメージヘアの予防法を紹介するとともに、ダメージを与える原因も細かく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

私たちの髪は、伸びるスピードには個人差があるものの、平均して1か月あたり1センチ程度は伸びると言われています。
つまり、ロングヘアになればなるほど、毛先の部分は何年も前に生えてきた部分という事になり、毎日の生活の中でダメージが蓄積されやすいもの。
髪が長い人は短い人よりも念入りなヘアケアが必要になります。

 

ヘアケアは、髪質や長さ、状態に合わせて適切なケアをしてあげたいものです。
毎日のヘアケアを工夫することによって、美しいツヤツヤな髪を手に入れることができます。

 

ずっと美しい髪を・・・

いつまでも美しい髪でいたい・・・これは女性なら誰でも思うことです。
でも、若いうちは少しくらい「カラーリング」た「パーマ」などで無理をしても修復できますが、年齢を重ねるとそういうわけにもいきません。
また、新しい「抜け毛」「白髪」などの悩みも出てきます。

 

抜け毛対策などのヘアケアはできるだけ早くするべきです。
まだ抜け毛などがなくても将来に向けて地肌にやさしいシャンプーを使うべきです。
頭皮のケアはしっかり行っていきましょう。
●頭皮のケアについて更に詳しく→スキンケア大学

 

また「白髪」は、数本しかなくても、あっという間に増えていくものです。
早い人では30代の前半から白髪に悩まされる人もいます。
白髪染めもよいものを使っていかないと、あっという間にパサパサ髪になってしまいます。
●白髪染めはいいものを→タイプ別のおすすめ白髪染めランキング

 

上記サイトが参考になります。

 


ヘアケアの基礎を身につけよう

当サイトでは、ダメージヘアの改善のためにヘアケアの基礎知識を紹介しています。
シャンプーの選び方や、ブラッシングの方法、また白髪染めや縮毛矯正の話など。

 

ぜひ、参考にしてみてください。