ダメージヘアになる間違ったブラッシング方法

ツヤツヤの髪を作るためには毎日のブラッシングは大切な作業。
ブラシをかけることによって絡まった髪をほぐすことができますし、汚れや抜け毛をとりのぞくことができます。

 

しかし、どんなブラシを使っているか、どんな風にブラッシングをしているかによって、髪に大きな負担をかけてダメージヘアになってしまうこともあるので気を付けなければいけません。

 

 

ブラシの素材について

 

まず、使用するブラシですが、ブロー用のものや目が粗いクシなどは避けて、ブラッシング専用のものを使ったほうが良いでしょう。
素材もナイロン素材では静電気を起こしやすくダメージヘアの原因となるので、できるだけ猪や豚の毛で作られているものを選びたいものです。
衛生上の理由から金属製のブラシなども販売されていますが、金属ブラシでは頭皮や髪に傷をつけてしまう可能性があるので、あまりお勧めではありません

 

ブラッシングは髪が乾いてる状態で!

 

ブラッシングをする時には、必ず髪が乾いていることを確認しましょう。
髪が塗れている状態だと表面のキューティクルが柔らかくダメージを受けやすい状態になっているため、そこでブラッシングしてしまうとキューティクルが一気に剥がれ落ちダメージヘアになってしまいます。
髪が完全に乾燥している状態でブラシを入れてあげるのがコツです。
ブラッシングの頻度は特にルールはありませんが、朝起きた時や夜寝る前、外出前や外出後、お風呂に入る前などにサッとブラッシングしてあげることで、頭皮も刺激されたりリラックス効果も期待できます。