髪にダメージを与える主な原因

自分の髪がパサパサだったりゴワゴワしている場合には、ヘアダメージを与える原因があると考えられます。
髪にダメージを与える原因にはいろいろなものがありますが、その中でも多くの人が経験したことがあるのは、パーマやカラーリングなど。

 

パーマやカラーリングは化学成分を使ってキューティクルの内側にもダメージを与えるだけでなく、その後の適切なヘアケアをせずに普段通りのシャンプーとコンディショナーだけで傷みを放置してしまうと、ダメージヘアが長く続いてしまうので気を付けましょう。

 

紫外線にも気を付けよう

 

紫外線による髪の乾燥も、ダメージの原因となります。紫外線を浴びすぎてしまうと表面のキューティクルがダメージを受けて破壊されます。すると内側の水分がどんどん蒸発してしまうため、パサパサヘアになりやすくなってしまいます。紫外線だけでなく、エアコンや暖房が効いている部屋にいるだけでも髪は乾燥しやすい状態になっているので気を付けなければいけません。また、ブラッシングをした時に静電気などがひどくて困るという場合には、乾燥ヘアが原因と考えられます。

 

普段の生活の中で、気づかないうちに髪へダメージを与えてしまっていることもあります。例えば、お風呂の後のタオルドライ。タオルで濡れた髪をゴシゴシこすって乾かしてしませんか?髪は濡れている状態だと表面のキューティクルが柔らかくもろくなっているため、タオルでゴシゴシするとダメージを受けやすくなってしまいます。また、ヘアドライヤーやヘアアイロンなども、髪にとっては大きなダメージを与える原因となってしまいます。