ダメージヘアは白髪染めやヘアカラーを使っても大丈夫?

ヘアカラーや白髪染めは、髪に大きな負担をかけてしまいます。
それは、化学成分の薬剤がたっぷり配合されているから。

 

薬剤に含まれている化学成分は、髪の表面を保護しているキューティクルを強制的にはがし、内側のメラニン色素を取り除いた後にカラー成分を入れていきます。
そのため、髪に大きな負担がかかってしまうのを避けることはできませんし、健康な髪の人でもヘアカラーや白髪染めを使うとダメージヘアになってしまうことが多いのです。

 

トリートメントタイプの白髪染めがおすすめ

 

しかし、ダメージヘアでも安心して使えるヘアカラーや白髪染めも販売されています。
化学成分ではなく天然染料成分で髪を染めるというタイプのものです。最近ではお風呂の中でトリートメントのように使いながら髪を染めることができる商品もたくさんラインナップされているので、髪にダメージを与えずにヘアカラーや白髪染めができます。
天然成分のものは地毛よりも明るい色には染まりにくいというデメリットがあるものの、髪へのダメージはなく、使うごとに髪質が改善されてツヤツヤになれるのが魅力です。

 

トリートメントタイプの白髪染め→素手で染める白髪染め

 

 

特に、年齢とともにどんどん増えてくる白髪は、こまめに染めてあげることによって分け目や髪の付け根部分も気にならなくなります。
化学成分の薬剤だと頻繁には使えませんし、頭皮や髪へのダメージも相当大きくなってしまうので、できるだけ髪にも頭皮にもダメージの少ない天然タイプのものを使いたいものです。
トリートメントタイプのものなら毎日使うことができるので、ダメージヘアにはおすすめです。