ダメージヘアはトリートメントが必要?

ダメージヘアと言っても、髪が広がりやすかったりうねりやすかったり、枝毛やキレ毛など、いろいろな症状があります。

 

しかし、そんな髪に共通しているのは、髪の表面のキューティクルが傷んでいるという事。

 

 

そのため、ダメージヘアを改善するためには、壊れているキューティクルを修復すると同時に、髪の内側までたっぷり水分補給を行ってあげることが必要です。

 

ダメージヘア改善の最短はやっぱり「トリートメント」

 

ダメージヘアを改善するのに最短なのは、トリートメントを使用すること。
シャンプーの後、コンディショナーではなくトリートメントに変えるだけで、傷んだ髪を素早く修復して健康的なツヤツヤヘアを作ることができます。
トリートメントの方法はとても簡単。シャンプー後に髪の余分な水分を軽く絞ったら、毛先を中心にトリートメントをつけていきます。
この時、できるだけ頭皮に近い部分にはトリートメントが付着しないように気をつけるのがポイント。
頭皮の毛穴にトリートメント成分が詰まってしまうと、毛穴が詰まってフケや抜け毛を発生させてしまいます。できるだけ毛先を中心に、髪の内側に揉みこんであげるような感じで使いましょう。

 

トリートメント剤を付けたら、湯船などに浸かって5分程度待ちます。
湯船に入っているなら湯気で髪が乾燥しませんが、髪が乾燥しやすい環境の場合には、濡れたタオルを髪に巻き、シャワーキャップなどをかぶってトリートメント剤が髪の内側に入っていきやすい状態にしてあげると良いですね。